<   2016年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

英国紀行 Ⅷ

4日目の観光です。

今回はバーミンガムのホテルを出てストラットフォードアポンエイボンへ

ここはシェークスピアの生家が有る街です。

シェークスピアが亡くなられた後に他の人が住まわれてて家具等は全て無くなってます。

保存しないといけないと言う事で買い取って現在に至ってるそうですが外観はそのままです。

まずは、シェークスピアの眠るホーリー・トリニティ教会へ行きました。

綺麗な教会でした。

e0351179_2252727.jpg




ステンドグラスも素晴らしかったです。

e0351179_2263210.jpg




シェークスピアのお墓です

e0351179_2272082.jpg




直ぐ横には奥様のお墓があります

e0351179_2282387.jpg




教会を後にして綺麗な川沿いを歩きシェークスピアの生家へ

e0351179_2291818.jpg




花を眺めながら・・・

e0351179_22105635.jpg




古い町並みを通り

e0351179_22113234.jpg




シェークスピアの生まれ育った家です。

e0351179_22125355.jpg


e0351179_22134432.jpg


e0351179_22144514.jpg




最後まで見て頂きありがとうございます。

次回はアンハサウェイの家です。

いつもご訪問、イイネありがとうございます^^


















[PR]
by tamutamu0401 | 2016-06-30 22:17 | Comments(6)

英国紀行 Ⅶ

チェスターからトレヴァーへ。

トレヴァーには世界遺産のポントカサステ水路橋と運河を見学。

ポントカサステ水路橋と運河は、イギリスのトレヴァーの村と北西ウェールズのレクサムにあるフロンカサステ

との間で、ディー川の上に架かりランゴレン運河を載せる航行可能な水道橋および運河となっています。

狭いから一方通行ですが・・・1805年に出来たそうです。

e0351179_22454253.jpg




下から見上げるとこんな感じ

e0351179_2246492.jpg




水路橋は歩いても渡れます。上からの景色はこんな感じでかなり高い。

e0351179_2246336.jpg



e0351179_22471212.jpg




変わった薔薇を見つけパチリ

e0351179_22473630.jpg




次回はストラットフォードアポンエイボンへ行きます。

いつもご訪問、イイネありがとうございます^^














[PR]
by tamutamu0401 | 2016-06-29 22:54 | Comments(6)

英国紀行 Ⅵ

リヴァプールからチェスター観光へ行きました。(約30Km)

チェスター は、イギリス、イングランド北西部チェシャーの中心都市。ディー川沿い、ウェールズとの境に位置

する。イギリス国内では最良の状態で現存する城郭都市のひとつです。

城壁の上を歩けるようになってます。


まずローマ公園を通って(ローマ遺跡の一つ)

e0351179_23263357.jpg





ディー川沿いを歩き

e0351179_2328622.jpg





チェスター中心部へ
古い木造の家などを眺めながら進みます

e0351179_23285668.jpg




2階も別のお店が有り通路が有ります(ザ・ロウズって言うらしいです)

e0351179_2330176.jpg




正面に見える時計塔の所が城壁です上を歩けます

e0351179_23304588.jpg




私はどうしてもこんなのが気になります^^

e0351179_23343747.jpg




でチェスター大聖堂へ到着です。

e0351179_23354127.jpg


e0351179_23383294.jpg




城壁を歩いたりもしたのですが今回はこの辺で・・・

最後まで見て頂きありがとうございます。

次回はトレヴァーへ向かいます。

いつもご訪問、イイネありがとうございます^^


















[PR]
by tamutamu0401 | 2016-06-28 23:43 | Comments(4)

英国紀行 Ⅴ

今回は、リヴァプールです。

イギリスの北西部に位置するリヴァプールはマージ川が海に流れ込む河口に開けた港湾都市でビートルズ

の出身地やサッカーのリヴァプールFCの地元等として世界的に有名な都市です。

私にとっては、リヴァプールと言えばビートルズです。

ビートルズ発祥の地であるマシューストリートは、ビートルズファンでなくても楽しめます。ほんの数百メートル

ですが、ビートルズが演奏したキャバンクラブや、ビートルズのモニュメントやレコード盤のモニュメント、ビート

ルズショップなどがひしめいています。

同じ地に立っている事が夢のようでした^^;


世界遺産の建物と新しい建物が混在しています。

e0351179_2212074.jpg



e0351179_222106.jpg




ビートルズの看板があちこちに有ります。

e0351179_2224142.jpg



e0351179_22347.jpg




ビートルズで有名なマシューストリートにあるキャバンクラブ

e0351179_2255425.jpg




ビートルズが演奏していたキャバンクラブのステージ
別の場所に有ったそうですが保存のため当時のまま移築されたそうです。

e0351179_2261349.jpg



e0351179_2263985.jpg




イギリスは日本と同じ車は左側通行なので違和感は無いですがバスは二階建てなんですね。

e0351179_2265963.jpg




最後まで見て頂きありがとうございます^^

次回はチェスター観光です。

いつもご訪問、イイネありがとうございます^^









[PR]
by tamutamu0401 | 2016-06-27 22:21 | Comments(10)

英国紀行 Ⅳ

湖水地方の中心部の街並みと午後からはウインダミア湖で遊覧船に乗りました。

船上から眺める景色は格別です。

人気の有る所らしく観光客が多いです。

こんな所に住めたら良いなぁ~^^


石造りの家が並んでて綺麗です。

e0351179_21224761.jpg


e0351179_21231323.jpg


e0351179_21235870.jpg




船着き場には鳥さん達が観光客がくれる食べ物目当てに集まってます^^
異様なぐらい居ました^^;

e0351179_212716100.jpg




船から見る景色綺麗でした!

e0351179_21274875.jpg




こんな家に住んでみたいですね~^^;

e0351179_21281625.jpg


e0351179_21284074.jpg




羊さんものんびり食事中!

e0351179_212959.jpg




最後まで見て頂きありがとうございます^^

次回は、あのリバプールです!

いつもご訪問、イイネありがとうございます^^



















[PR]
by tamutamu0401 | 2016-06-26 21:38 | Comments(8)

英国紀行 Ⅲ

ハワースから湖水地方へ行きました。

ピーターラビット生誕の地、「湖水地方」はとってもキュートでした!

湖水地方(こすいちほう、英:Lake District)は、イングランド(England)北西部ウェストモーランド・カンバー

ランド郡・ランカシャー地方にまたがる地域の名称です。

ピーター・ラビットの作者であるビアトリクス・ポターが半生を過ごした土地として有名。

まずはピーターラビットの世界観が味わえる”The World of Beatrix Potter Attraction”へ行きました。

少ししかお見せできないのが残念ですが・・・ピーターラビットの世界味わっていただけると良いのですが!?

ピーターラビット アトラクション館

e0351179_21244794.jpg


e0351179_2125683.jpg


e0351179_2125299.jpg


e0351179_21255961.jpg


e0351179_21262777.jpg


e0351179_21264744.jpg




庭に咲いていた花達。

e0351179_2127692.jpg



コスモスも咲いてました。

e0351179_21272682.jpg


e0351179_21274960.jpg




最後まで見て頂きありがとうございます^^

次回はウインダミア湖遊覧と街並みです。

いつもご訪問、イイネありがとうございます^^














[PR]
by tamutamu0401 | 2016-06-25 21:37 | Comments(6)

英国紀行 Ⅱ

2日目は、イングランドのハワースの観光です。

朝晩は涼しいと言うか寒いぐらいですが日中は20℃ぐらいでちょうど良い。

ハワース (Haworth) は、イングランドのウェスト・ヨークシャーにある田舎の村。

『嵐が丘』、『ジェーン・エア』、『ワイルドフェル・ホールの住人』などイギリスのヴィクトリア朝文学史に多大な

影響を与えたブロンテ姉妹が住んでいた村である。

趣のある小さな村でした。


ハワースの街並み近代的な建物は有りません。

e0351179_9502928.jpg


e0351179_9505211.jpg


e0351179_9511517.jpg




ブロンテ姉妹が眠るパリッシュ教会のステンドグラス

e0351179_9524992.jpg


e0351179_953933.jpg





教会の庭に咲いていた花達(やっぱり花を見ると撮ってしまいます)

e0351179_9545176.jpg


e0351179_9551467.jpg


e0351179_955414.jpg



裏に有る墓地に咲いてた花です。

e0351179_956744.jpg




最後まで見て頂きありがとうございます^^

この後、湖水地方へ行きました(次回)

いつもご訪問、イイネありがとうございます^^




















[PR]
by tamutamu0401 | 2016-06-25 10:06 | Comments(6)

英国紀行 Ⅰ

一昨日、無事に帰ってまいりました。

リアルタイムに報告できれば良かったのですが余裕がありませんでした^^;

出発日から出鼻を挫かれどうなる事かと心配しました。

私達が乗る便がロンドン・ヒースロー空港を離陸寸前にトラブルがが有り駐機場へ

引き返し点検のために3時間遅れで出発。

その為に成田発が3時間遅れとなりロンドンに着いたのが21時頃。

即バスに乗りブラックバーンのホテルへ。

ヒースロー空港からブラックバーンのホテルまで約366Kmバスに揺られて5時間。

ホテル到着が16日の午前2時。もうぐったり^^;

先が思いやられます(笑)

でも夜が明けるとそんな心配は周りの景色を見て吹っ飛びました(笑)

4つ星のメルキュール ダンケンハルフ ホテル アンドスパ(に宿泊したのですが、ここは貴族が住まわれてた

建物をホテルに改装されたもので趣があって素敵でした。築700年だそうです。

ランカシャー州の17エーカーの公園内に有り景色も最高!


先ずはホテル外観から・・

e0351179_0205172.jpg



e0351179_022551.jpg




左側の建物に宿泊しました。

e0351179_0223553.jpg




ホテルへ通じる道路

e0351179_0231558.jpg




ロビーを入って直ぐの所にこんな階段が!

e0351179_0235257.jpg




ずーっと時差ボケ状態です(笑)

次回からは尋ねた観光地を紹介いたします。

いつもご訪問、イイネありがとうございます^^

















[PR]
by tamutamu0401 | 2016-06-24 00:32 | Comments(8)

アップバージョン!

紫陽花を拡大して見ました^^

見苦しいかも知れませんが・・・でも面白いかも(笑)

これだけアップにすると構図も何もありませんので・・・^^;


明日(15日)より22日まで留守にします多分皆様の所へご訪問出来ないと思います<m(__)m>




e0351179_20542496.jpg



e0351179_2057327.jpg



e0351179_20575214.jpg



e0351179_20582420.jpg



e0351179_20584948.jpg





いつもご訪問、イイネありがとうございます^^

















[PR]
by tamutamu0401 | 2016-06-14 21:01 | Comments(10)

雨あがり

今日の雨あがりの紫陽花をピンクでまとめてみました。

雨に濡れて生き生きとして気持ち良さそうでした^^

紫陽花はやっぱり雨が似合います。



e0351179_22385422.jpg



e0351179_22392228.jpg



e0351179_22404445.jpg





おまけ^^これは紫陽花ではありません(笑)

e0351179_2242825.jpg






いつもご訪問、イイネありがとうございます^^













[PR]
by tamutamu0401 | 2016-06-13 22:45 | Comments(8)